MENU

 現在専業主婦をしている私がパチンコにのめり込んでしまった理由、それは夫との夜の生活の不満からだったのです。
女としての悦びというものはやはり、毎晩のように味わってみたいという気持ちはありました。
自分から求めるような事はあまりありませんが、それでもしっかりと強い性欲は持ち合わせていたんです。
だけど、結婚してから気が付いたことがあったのです。
それは、夫が性的な不能だったことです。
確かに結婚前からEDっぽい気配というものは感じていたけれど、結婚してそれが明らかになってかなりショックを受けてしまいました。
精神的なつながりはそこそこ良好であり、さらに肉体的な部分でもたくさんの快楽を味わえたらと思っていたのに、まさかこんな事になってしまうとは思ってもいませんでした。
当然結婚生活を続けていても欲求不満状態に陥ってしまって、それを解消したいと思って始めたのがパチンコだったんです。
生活範囲の中で大型のパチンコ店があり、そこに通うようになってからというものは夢中になってしまったのでした。
パチンコ屋の騒音の中でひたすら銀色の玉を打ち出していく、リーチがかかると体がゾクゾクしてしまいました。
いつしか依存症のような形となって、家庭の欲求不満を常にパチンコ屋で解消するようになっていってしまったのです。
カードローンにまで手を出してしまって、限度額イッパイまで膨らんでしまっていました。
金銭的な部分で困るようになっていた頃、女子高時代に仲の良かった幼馴染と再会することになったのですが、とても羽振りが良いので驚いてしまったのです。
彼女の話によると、愛人募集をすることで会社経営をしている男性と知り合うことができて、毎月多額の手当を支給されていると言うのです。
彼女も同じ専業主婦、そんな幼馴染みがパパ募集をするという事も驚いてしまいました。
さらに愛人契約をすることにより、大金を気軽に手にいれることができる。

欲求不満な状態だったこともあって、私にも愛人募集はいい方法だと思ってしまったのです。
インターネットにあった愛人募集掲示板を使って、お金もたくさん持っている男性を探そうと思ってしまったのでした。

 

 久しぶりに再会した幼馴染みはお金持ちの男性と関係を持ち、多額の報酬を受け取っている。
カードローンなどで金銭的に苦しい状態になってしまってたし、さらに家庭内のセックスがありませんから欲求不満にもなってしまっていました。
私もインターネットを使って、愛人募集をすることで助けてくれるお金持ちの人と知り合うことができるって気がしたんです。
気軽に使うことが可能な掲示板、こちらで相手を探す決意をしました。

 

愛人募集のやり方を参考にした体験談
愛人募集した貧困女子が月30万の愛人契約を結ぶまで

 

 

名前:姫島 早耶香
性別:女性
年齢:31歳
プロフィール:
 きっかけとなったのは夫の性的な不能。
結婚後にそのことがハッキリとしちゃって、欲求不満状態が極限までたまってしまったんです。
そんな私が選んだのはパチンコ、これでストレス解消をしようと思ったのです。
しかし、負けが続いてしまって借金を作るようになってしまいました。
そんな私のもとに、女子高時代の幼馴染みが連絡をくれたのです。
とても羽振りが良い雰囲気だったので聞いてみたら、愛人っていう関係を作ったという事でした。